落ち着いています

14日に手術して今日で3日目です

手術当日は帰宅はタクシー、翌日病院へもタクシーで。

その帰宅は眼帯をはずれたので、メガネにして結果バスに

そして今日も通院があり、往復バスで


今日は午後も歩いてお店に少しですが買い物に行きました。
運動を兼ねて。



ということは…体はかなり回復しております^^

当日、2日目午前中は元気がなかったのですが…今日はもりもりよ~ん

眼帯とテープがはずれて、痛みがなくなると元気になりますね~。

これはレーザーメスだからかもしれません…?わかりませんけどね(笑)

ま、痛くないのはいいことです

といっても当日はジンジンしてて、冷やすことを言われていましたが大変でしたよ(汗)

出された薬以外にトンプク(ボルタレン錠)というのを飲みました

あまりにしんどくて。





で、すこし残念なこと。

実はかなり前からわかっていたけど、

初めの手術した左目が、おもうほどの出来に仕上がってなかったの

手術室では「こんなになりましたから。」

と顔を見せれらたときは、瞼は黒目よりも上がっていたの。確認しました。

でも時間がたつにつれて下がり気味に

抜糸してもあまりかわらず

抜糸するとかなり目への負担はなくなったんだけど。


それでも時間がたつと、

目の腫れがひいてもっと上がるかも!とひそかに期待していたの。

でも術前よりは上がった瞼だけど、

でも黒目にかかっています。

手術の出来あがりとしては瞼は黒目にかからないということが前提だったんです


右目を手術するときに、先生と話して

右目は左目とは少し差があるようになるけれど、

黒目より瞼を上にあげるようにする

ということに決めて手術しました



なので右目は今のところ綺麗に上がっています。

でなかったら手術はしてなかったです

とにかく1か月は様子をみないとわかりませんが。

今は左目は黒目に瞼がついてる状態。

前よりもそりゃ状態は良いのですが…はぁ。

手術する前に、手術室で先生が

「脳は同じように反応したがるので、右目が上がると、左目も上げるように指令するかもしれないから、
ちょっと様子をみましょう!ね!」

と励まされましたが????ほんと??って感じ。

素人にはちっとも意味不明です



それに今日はまた言うことが違う…

やっぱり残念だけど、左目は思うように仕上がってないと。

それで右目が落ち着いたら、追加で治療ができないことはないと説明されました

今から足すことはできますと。

この場合飲み薬はなく、もう一度同じところを切るというものです

あ~~またね、やっぱりね…。



昔は医療器具が悪くて、術中に目を開けたりさせて確認できなかったそうです

だから失敗が多かったそう。

あたしは術中に何回も目を開けたり、閉じたりと命令されました!


は~~~そうなんだ!!

昔は「びっくり目」とか「三角目」とか、見た目に怖い目になったそうです。

怖いですよ~(汗)

今は確認しているから、それは心配ないとのことですが…。絶対とはいいきれないですよね。

前回きったところの7割をきるそうです

ダメージは前とほとんど同じとおもってくださいと。

前に処置したところが、中がどうなっているか?(筋肉をくくった糸がはずれてないか確認)

そして下垂したほかの原因を中を見て追及し、的確に判断して処置して縫合するというものです。


私の右目が落ち着いたときに、手術するかしないか、その判断をしてくださいと言われました。

「○さんが視界は別におかしくないし、もうこのままで良いというならそれにまかせます。

でも足すことはできますからね!」

と何回も説明をされました

先生の熱意も伝わってはきましたが…やはり私は落胆はしてましたネ。


この眼瞼下垂というのは、思ったよりも効果がない場合があるとネットではわかっていたのですが

人によるものだし、生きている人、それぞれのパターンがあるしね。

決して先生の腕だけの問題ではなく

私の眼にも問題があるんですよね、きっと。

下垂に従順で頑固一徹だったのかな~(笑)長年の下垂に、体が従順だったのかもね~



明日から仕事です

気分を切り替えて、売り出しもあるし!いそがしいです

3月はじめは売り出しです。!

それに、とにかく右目に全力投球してケアしなくちゃね。

毎日4回の眼薬と、2回塗る軟膏があります



いろいろと考えるのはまだあとですね、経過観察です^^

長くなりました、読んでくれてありがとうございました~

おやすみなさいませ~






今回はコメントは受け付けないでおこうと思います

理由は…みなさんどうにも言えないだろうと思うからです

では…また~